ホームページ作成と業者の関係について

メインイメージ

著作権トラブル

ホームページ作成後に著作権トラブルに巻き込まれないためには

最近、ホームページ作成後に著作権トラブルに巻き込まれてしまうケースが増えてきています。これは、以前と比べるとインターネット上のコンテンツに対して厳しい目が向けられるようになった、あるいは意図的に他人の著作権を無視してコンテンツを使う人が増えてきたといったことが原因として挙げられます。

では、ホームページ作成に関して著作権トラブルが起こるケースにはどのようなものがあるのでしょうか。まずは、写真素材の不正利用が挙げられます。写真素材というのは、プロやアマチュアカメラマンがホームページ作成などの素材として撮影したものです。そういった写真をとりまとめて代理販売しているオンラインショップ、あるいは実際に写真を撮影したカメラマンのサイトなどから写真をダウンロードして、勝手に自身のホームページ作成に使用してしまうと、後に写真の使用料を請求されることがあります。自営業者のサイトで無断使用すると、著作権者の代理人である弁護士から使用料金を求める郵便が届けられることもあります。

そして、最近増えているのが、本などの既存のコンテンツの転載です。写真素材の場合、ホームページ作成者が意図せずに著作権を無視してしまう形になることも少なくありませんが、既存コンテンツの転載は、他人に著作権があることをわかっていて行うのでより厳しい罰を受けることも珍しくありません。当然、コンテンツを転載して、そのことでアクセスを集めて広告収入などを得ていたということであれば、更に悪質と見なされます。なので、絶対に避けるようにしましょう。

著作権違反を犯さないためにはどうすればいいのかというと、インターネット上にあるライセンスがはっきりしないコンテンツは、ホームページ作成の素材にはしないようにするというのが大事です。たとえば、掲示板に面白い写真が貼られていたとして、その写真がフリー素材とは限りません。誰かがライセンス違反を犯して写真を掲示板にアップロードしたということも十分考えられます。

利用しても大丈夫と言えるのは、実際にコンテンツを作成した人が、自分のコンテンツはこのようなライセンスで他人でも利用出来ると謳っているものだけです。勿論、その場合であっても、ライセンスの内容を確認しておくことが大事です。たとえば、コンテンツを利用するのであれば、コンテンツ制作者の名前を明示してほしいというライセンスであれば、制作者の名前を隠して使うことは出来ません。

最近の投稿