ホームページ作成と業者の関係について

メインイメージ

外注先を決めるために

多くのホームページ作成業者の中から外注先を決めるために

ホームページ作成業者は数多く、中には電話帳などを利用して会社や自営業者にうちの会社であなたのところのウェブサイトを作らせてほしいという営業の電話をかけてくるところも珍しくありません。営業をしないとなかなか注文が取れないぐらい、ホームページ作成業者は存在するのです。
利用する側としては、多い方がいい部分もありますが、選ぶのが大変だからという理由で、ホームページ作成業者のリストの一番上にあったから、あるいは近所にあるからといった理由で安易に外注してしまうと、後で問題が起きることもあります。では、ホームページ作成業者に外注する場合の注意点にはどのようなものがあるのでしょうか。

まず、もっとも大事なのは予算です。ホームページ作成業者にも格が存在し、コーダーやデザイナーなど、分業制でウェブサイトを作る会社は人件費が高く、その分、料金が高いですし、デザインからコードを書くまで、すべて一人でやっているという零細であれば、大手と比べると安くなります。
たとえば、有名な会社のサイトを作ってほしいという場合であれば、デザインやセキュリティは重要なので、信頼のおける大手に外注した方が安心ですが、起業したばかりの会社であったり、フリーランスのサイトを作ってほしいという場合は、とりあえず必要な情報が掲載されていれば見た目は問わなくて済むという風にした方が料金は安く済みます。なので、大手の制作会社に頼むよりは、小さな会社や個人に頼んだ方がいいわけです。

それと、ウェブサイトで何をやりたいのかということも重要です。というのは、これが決まっていないと適切な制作会社に頼むことが出来ないからです。なので、サイトを作らないかという勧誘の電話がかかってきた場合は、すぐに応じることは避けた方がいいでしょう。

最後に、肝に銘じておくべきこととして、ホームページ作成を外注する場合の費用はかなり高額というものがあります。規模によっては、車を一台購入するぐらいの費用がかかるので、それだけの予算をかけても外注すべきなのかどうかをよく考えましょう。また、外注する場合は、必ず事前に複数の会社に見積もりを依頼しましょう。同程度の実力とサポートであれば、安い料金を提示してくれるところを選ぶのに越したことはありません。制作業者からの電話勧誘に簡単に応じない方がいいのは、他社と比べることが出来ない状況で契約してしまうという理由も挙げられます。

最近の投稿